世界で一番気持ちいいらしい

一度したらやみつきになる

そんなタイ式マッサージですが、施術してもらうとあまりの気持ち良さに我も忘れるくらいの極楽を堪能できると言われています。大げさな表現のように感じるかもしれませんが、それだけまさかの効果に驚かされる人が多いとも言えます。実際調べてみると、気持ちの良さは他のマッサージとは似ても似つかないくらいだと言われている。医学的にも効果が認められているので、タイ人の人は普段から当然のように施術してもらっている医療行為と見なしている。日本でいうところの東洋医学を下地としているので、日本人としても相性は悪くはないと言える。だからといって日本でタイ式マッサージが病院代わりに使用されているかといえば、そうでもない。マッサージは所詮マッサージでしかなく、それ以上でもそれ以下でもないと見なしているからでしょう。

こんなに深い歴史があるのに理解できないなんて、と思う人もいるでしょう。こればっかりは仕方がないと言える、なにせ現在の日本では西洋医学を中心とした医療行為が普段当たり前のように受けているものとなっており、江戸時代末期まで当たり前のように利用されていた東洋医学も、明治維新の幕開けと共に鳴りを潜めてしまいました。時代が故にともいえる結果ですが、もしこの時東洋医学が現在でも中心的な医療行為と見なされていたら、タイ式マッサージの普及ももう少し広がっていたのかもしれません。いくらタイで有名でも日本ではやはりマッサージの一種であり、医学的にきちんとした効力を発揮する施術だと言われても納得できる人は多くはありません。

こうした思い込みや偏見が先行しているからこそ、タイ式マッサージを受けた人はその気持ちよさに骨抜きにされてしまうのかもしれません。そんなタイ式マッサージについて、ここでは世界一気持ちが良いと言われる所以を紐解いてみよう。

目の奥がずーんと重いあなたへ

こだわり不動産サービス株式会社のサイトではこだわりリノベーション賃貸の最新情報を随時更新しております。賃貸に関するどんな些細なご質問でも構いません。宇都宮の賃貸にピンと来たら当社にご相談ください!

理由を読み解く

2,000年以上の歴史を有しているタイ式マッサージ、その施術を施されるときに重視される最大の焦点となるのはする側・される側双方が『無我の境地』へと一歩でも近づくことにある。たかがマッサージなのに最終的な目的が肉体疲労の緩和や改善といった些細なものではなく、精神的な意味で人間として一歩成長することにタイ式マッサージの本質は隠れているという。何のことだと思ってしまうが、タイの人たちにすればそれだけマッサージは重要な日常生活を円滑に進めていくために不可欠なものだということでもあるのでしょう。日本人にすれば、気持ちよくなって明日からもまた頑張ろうという程度ですが、それではマッサージの末端に触れているだけでしかない、そうみなせます。

始祖と言われたシワカ・コマラパという偉大な医学者、先ほど歴史についても話しましたが、彼が為した偉業はタイという国においてその名を刻む事となる。いわば『聖人』といったような見なされ方も国内ではされているのかもしれません、それだけ名実ともに優れた人物が開発したと言われているマッサージ、施術する際にはまずそんなシワカ・コマラパ師に対しても感謝の念を持ってするのが習わしなのだといいます。日本でマッサージをするときにそんなことを考えている人はおそらくいないので、異文化ならではの伝統といったところだ。

マッサージならではの決まり、施術はもちろんですが受ける人もシワカ・コマラパ師に対して尊敬の念を持つようにしなければならないという。これはタイ式マッサージならではの極意とも『アナパーナ・サティ』という呼吸法を実現させるために必要なことなのです。これは施術する側とされる側の呼吸が同じタイミングになるようにマッサージを行うことにより、副交感神経が優位となって両者ともに『深い静寂の状態』に近づけるようになると言われています。これこそ、タイ式マッサージの真骨頂であり、目指すべき場所でもあるという。

痛気持ちいマッサージ

仏教に基づいて

こうしてみるとマッサージをする人が一方的に奉仕しているようにも見えて嫌だと感じる人も現代には多いかもしれません、ですがタイ式マッサージの起源は寺院において民衆に対し無償で行っていたことが全ての始まりでもあります。いうなればその流れをいまだ引き続けているからこそ、タイ式マッサージは存在感を揺るぎないものとしたのです。日本でもマッサージ店は全国各地に点在していますが、そこに勤めている人全員が強制労働などと揶揄されてもおかしくないくらいに酷使されている労働現場の構図が展開されている。随分と醜く歪んでしまったと痛感するところでもあり、本来あるべき本質から遠ざかってしまったといった方が正しいはずだ。

こんなところから日本人の無宗教性が際立った欠点として浮かび上がってきてしまう、ただタイ式マッサージでも前述のとおりに働いている人がどれくらいいるか言われたら微妙なところではある、ですが日本人よりかはマシかもしれない。宗教というと日本ではオウム真理教を始めとしたカルト宗教をどうしても連想してしまう、ですがタイ式マッサージはそもそも仏教の教えを基にして作られた仏教医学から派生した物となっている。それはマッサージそのものをする上でも大事な『慈悲喜捨』の心を持ちあわせることこそ、唯一無二の絶対条件だと言われています。

これがあったからこそ、タイ式マッサージはタイ国内へと広がっていき、多くの人が寄る辺ない身なれど無償で受けられる医療行為として浸透していったという。

大事なこと

慈悲喜捨という心、これはマッサージをする人は持ち合わせていなければならないものとだと言われている。タイ国内ではそれだけ人々の生活と密接の関係にあり、然るべき治療が受けられる医療行為と見なされている上では当然といえば当然のことなのかもしれない。そんなタイ式マッサージがタイ人視点で愛され続けていることも、良く読み取れるところだ。

プロレスごっこのような、タイ式マッサージ

世の中には色々なマッサージが存在しています、その中でも『タイ式マッサージ』は世界で一番『痛気持ちいい』と評判を呼んでいることをご存知でしょうか。何となくタイがマッサージで有名なことを知っている人も、そうでない人も、これを見ればよく分かるタイ式マッサージについて解説します。

Menu